計測技術における複雑な要求には、深い専門知識と理解が必要です。最先端の測定機を活用することで、それぞれの作業に理想的なソリューションを見つけることができます。當社がラインナップしている最先端のフレキシブルな裝置は、接觸式、光學式、工業用Dimensional X線CTのいずれでも、形狀、表面、輪郭に関わらず、あなたの測定作業を素早く簡単に処理します。

受託測定

適用範囲

(日本でご提供可能な受託測定は一部以下と異なります。詳しくは別途お問い合わせください)


あらゆる材料に適した測定方法があります:板金部品、鋳造部品、プラスチック、セラミック、ガラス、ゴムやシリコンを材料とする変形する部品、または布で覆われた表面などにも適切な測定方法があります。當社の豊富なラインナップにより、多くの部品を短期間で迅速かつ正確に測定できます。萬一、大量のご依頼が集中した場合でも、別の拠點で測定を行います。

  • 幾何形狀的な製品仕様(寸法、形狀、場所)を高精度に測定
  • ZEISS CALYPSO測定プログラムの作成
  • 設計値-実測値比較、カーブ測定、CADデータ比較
  • テストレポートを使用した初期サンプリング(例:VDAまたはPPAP)
  • リバースエンジニアリング(例:X線CT測定)
  • 利用可能な座標測定機
  • ドアハンドル、シリンダーヘッド、クランクケースなどの燃焼エンジン部品、車軸部品などの車両コンポーネントの測定

CT測定サービス

X線CT裝置を使用した測定では、內部の実際の狀態を視覚化することにより、アセンブリ、モジュール、およびデバイス全體の非破壊検査が可能になります。これにより、組み立て検査、摩耗試験、および欠陥解析が可能になります。

工業用X線CT裝置
歯車測定

歯車測定サービス

日本では本サービスは実施しておりません)

ベベルギヤ、インボリュート歯車、ウォームギヤ、ローターなどの標準的な歯車タイプを測定し、規格に応じて評価します。測定ソリューションは、アプリケーションに応じて使い分けられます。つまり、ロータリテーブルやスタースタイラスシステムの有無、あるいは扇形スタイラスシステムが使用可能かどうか等に応じて適切な測定方法を選択することを意味します。

光學式測定サービス

(日本では本サービスは実施しておりません)

光學式測定によるメリットは、高い點密度と測定速度です。マルチセンサ測定機を使用して點群を測定します。

光學式測定
形狀、表面、輪郭測定

形狀、表面、輪郭測定サービス

(日本では本サービスは実施しておりません)


弊社の輪郭?形狀測定機は、真円度、円筒形狀、直角度、平行度、真直度、平面度、同軸度、同心度、厚み誤差、および半徑方向の振れの分析を可能にします。さらに、輪郭測定デバイスと粗さセンサーは、半徑、ベベル、輪郭、粗さ、リップル、角度、カットイン、長さの許容差にわたって信頼できる結果を提供します。

測定結果の表示と評価

CADデータによる設計/実測比較

すべての一般的なフォーマットのCADデータを処理します。測定不確かさの直接入力や、國際規格に準拠したトレーサビリティにより、當社では結果を信頼性のあるものにしています。要件に応じて、測定結果を表示するためのさまざまなオプションがあります。


測定結果を設計値/実測値比較の形で、印刷またはデジタル形式のカーブ評価として提供します。このように、測定データをいろいろな形で活用していただくことができます。

さまざまなインターフェースにより、測定結果をCAQシステムにエクスポートしたり、ZEISS PiWebなどを介してプロセスデータを取得したりできます。

免费a毛片,免费a毛片在线观看,免费a毛片在线播放